• AGAの改善が難しい理由と対策法

    薄毛の原因がAGAですと改善へのハードルが高くなりますが、その理由とも言えるのがDHTと呼ばれる物質が高濃度に存在するからです。

    DHTはAGAの根本原因になる脱毛物質であり、強力に脱毛を促進してしまう為、有効な手立てもなく改善がなかなかできない脱毛症とされていました。
    しかしながら現在ではAGAへの対策法も開発されているのですが、それは専用の内服薬を利用することです。
    問題のDHTは男性ホルモンと還元酵素が結合して誕生しますが、内服薬には還元酵素の分泌を抑制する働きがある為、DHTの増加を防止することが可能とされています。


    それによって脱毛が起き難くなりますし、薄毛を改善し易くなる可能性があるのです。
    ただし誤解してはいけないのが内服薬だけでは対策としては不十分であることです。

    内服薬を利用することで脱毛は起き難くなり、発毛もし易くなることは確認されていますが、薬の効果はあくまでも脱毛を緩やかにするというものにしか過ぎません。

    産経ニュースの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

    つまり薬を飲んでも徐々にAGAは進行していきますし、どのみち薄毛になってしまう可能性もゼロではないのです。



    発毛させる為の方法もありますが、大事なのは発毛剤も併用して対策を行うことであり、そして使用する発毛剤に関しても注意が必要と言えます。


    AGAにも有効性があると見られているのは医学的にも効果が認められたミノキシジルという成分を配合している発毛剤です。

    その他の発毛剤では効き目が薄くなりますので注意しましょう。