• 薄毛治療にかかる費用と期間は

    男性の薄毛の原因が男性型脱毛症である場合、医療機関で薄毛治療を受けることによって症状が改善することがあります。

    ですから薄毛が気になり始めた人は、なるべく早い段階で医療機関を受診することを検討したほうがいいでしょう。


    薄毛治療は健康保険の適用がありません。

    したがって医療費は全て自己負担となります。
    しかも薄毛治療は少なくとも半年間は続けることが必要です。治療に用いられる薬の成分は即効性がないもので、最低でも半年間は使い続けてみないと効果のほどがわからないからです。


    したがって自己負担で長期にわたって治療を受けることが前提となりますので、費用に関してはしっかりと計画を立てておくことが大切になります。

    コトバンク情報はこちらに集まります。

    医療費は健康保険が適用されないので、薬価や診療費などは各医療機関が自由に設定することができます。


    したがって薄毛治療にかかる費用はそれぞれの医療機関で異なります。



    もっとも目安となる金額は存在し、一般的な病院でひと月当たり約1万円から1万5千円程度、男性型脱毛症を専門的に取り扱っているクリニックでは、1万5千円程度から3万円ほどというのが相場です。
    もっともこの金額はあくまでも目安ですので、詳しい料金については事前に確認しておいたほうが無難です。


    また最近は薬をネット通販で購入できるようになり、薄毛治療用の薬をこのような通販サイトを利用して購入すれば、費用の面では安く上がります。


    ただし薬のネット通販はトラブルにあう可能性は否定できません。


    自己判断で購入する前に、まず医師の診察を受けておくほうが安全です。