• AGAになるとどんな症状があらわれるのか

    • AGAは別名男性型脱毛症と呼ばれるもので、思春期以降の男性に見られる薄毛のことです。
      AGAの発症には、テストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼ(酵素)が結合することによってできるジヒドロテストステロン(男性ホルモン)が大きく影響しています。

      ジヒドロテストステロンも男性ホルモンですが、その影響力はテストステロンの数倍以上もあります。

      これが毛の根元の男性ホルモン受容体とくっついてしまうと、髪の毛が正しいサイクルで成長しなくなり脱毛が始まります。

      尚、その他にも遺伝やストレス、不規則な食生活、喫煙、運動不足、睡眠不足によっても髪の毛の成長は妨げられてしまいます。



      AGAを発症すると、前頭部または頭頂部の髪の毛が細くなって抜け毛が多くなったり、髪の毛の伸びが悪くなるなどの症状がみられるようになります。



      その結果、頭皮が目立つようになってスタイリングがしづらくなってしまいます。


      薄毛で悩む男性でこのような症状に心当たりがある場合は、AGAの可能性があるので専門機関を受診して、検査を受けてみましょう。
      AGAの治療方法は進行状態によって異なりますが、フィナステリド配合の薬で進行を食い止め、ミノキシジル配合の薬で髪の毛の成長を促進させ発毛を促す方法があります。



      その他にも生活習慣を見直したりすることも症状を改善させるためには重要になります。
      いずれにしても治療方法は人によって異なりますので、独自の方法で症状を悪化させる前に医師の診察を受けることが大切です。

  • おすすめ情報

    • 薄毛治療にかかる費用と期間は

      男性の薄毛の原因が男性型脱毛症である場合、医療機関で薄毛治療を受けることによって症状が改善することがあります。ですから薄毛が気になり始めた人は、なるべく早い段階で医療機関を受診することを検討したほうがいいでしょう。...

  • 美容の事柄

    • AGA治療を行う場合は専門クリニックがお勧め

      AGA治療を行うことが出来る病院には皮膚科や専門のクリニックなどが有ります。皮膚科などでも血液検査や遺伝子検査と言った専門的な検査を行う施設であれば問題は在りませんが、プロペシア等の医薬品の処方だけを行う方法では発毛における期待が薄くなると言われています。...

  • 美容入門・納得の事実

    • 薄毛治療で用いられている薬は

      男性の薄毛は医療機関で治療できます。男性が薄毛になる原因は男性型脱毛症、通称AGAと呼ばれるものであり、薬の服用により症状が改善する可能性があるのです。...

    • AGAの改善が難しい理由と対策法

      薄毛の原因がAGAですと改善へのハードルが高くなりますが、その理由とも言えるのがDHTと呼ばれる物質が高濃度に存在するからです。DHTはAGAの根本原因になる脱毛物質であり、強力に脱毛を促進してしまう為、有効な手立てもなく改善がなかなかできない脱毛症とされていました。...